九大の知と社会をつなぐー九州大学地域連携推進室

お知らせ・新着情報

第60回「ロボットの身体・知能に迫る!〜人のように振る舞うロボットは作れるか?〜」

みんなと”ロボットの身体・知能”に迫る
第60回サイエンスカフェ@ふくおかを開催いたしました!

サイエンスカフェ 第60回のテーマは
「ロボットの身体・知能に迫る!〜人のように振る舞うロボットは作れるか?〜」
細菌を用いたエネルギー科学の研究についてお話ししていただきました!

第60回ポスター

今回もBIZCOLIさんの素敵な空間をお借りしての開催となりました!

今回はいつにもましてたくさんの方にお越しいただきました。
毎度ありがとうございます!!

今回の講師は、
九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門
田原 健二 准教授 です!

ロボットの現在と未来。
様々な可能性をユニークなトークでお教えしていただきました。

田原 健二 准教授 のプロフィール
広島県北部生まれ。父親の趣味に問答無用で引きずり込まれ日々、抵抗やコンデンサに囲まれ小学校から半田ごてを握り、中学でアマチュア無線免許を強制的に取らされる。
その後、自動車にはまって機械工学を専攻し、勉強もせず車やバイクいじりに明け暮れていたが、研究室配属時にロボットという言葉に惹きつけられ、ふらふらっとロボットの研究室に入る。
そこで運命の師匠と出会い、そのままハマって現在に至る。
広島~関西~名古屋~福岡~スイス~アメリカと渡り歩き方言が混ざりまくりもはや何人か不明。

左から、九州大学基幹教育院 小林良彦特任助教、田原 健二准教授、九州大学大学院工学研究院機械工学部門 津守不二夫准教授(第56回 講師)、九州大学先端素粒子物理研究センター 吉岡瑞樹准教授

皆さんはロボットとは何かと尋ねられたらなんと答えますか?
人間のように二足立ちしたペッパーくんみたいなものでしょうか。はたまた自動でお掃除するルンバみたいなものでしょうか。あるいはドローンのようなものでしょうか。
答えは、全部です、全部ロボットです。そもそもロボットとは定義がなく、チェコスロバキアの作家の戯曲で作られた、造語が流行って生まれた言葉だそうです。
つまり、作る人によって様々なロボットが生まれるというわけです。

現在ロボットに期待されていることは2つです。
1つは人の代わりに単純作業を行うこと。ロボットは創造性のあることは非常に苦手ですが、反面人間よりもとても良い精度で作業を繰り返すことができます。
2つは海底資源の探索のような、人が行えない作業を代わりに行うというものがあります。
これら二つがロボットに期待されている主なことです。

先に述べた通り、ロボットは様々です。田原先生の夢は、本当に人間のように行動できるロボットを作ることだそうです。いやはや凄まじい。
そんな訳で人間と比較しながら、ロボットの身体のパーツ毎のお話をしていただきました。

目…人の80%くらいは見えている。しかし何を見ているのか判別するのが困難。

耳…音は聞こえるが、その音がどこから来てどのくらいの距離でどのくらい自分に関連のある内容かということを判別するのが困難。

鼻…匂いセンサーがある。しかし、匂いで危険判別する必要はないのでいる機能なのか。

口…話すことはできる。しかし相手の意図を汲むのが困難。会話が大変。

筋肉…人間より強い力は出せる。しかし、しなやかさがない。伸縮性のある動きが苦手。

→しかしここ数年の研究で、ナイロンをくるくる巻いて熱したり冷やしたりすることにより伸び縮みすることがわかった。これを人工筋肉として導入。格段と動きが変わる。
しかしそれでもなお、人のような手の動きをすることはできない。

知能…過去の経験から最良の選択肢を選ぶ。創造的なことは難しい。



以上が現在の人型ロボットの研究です。特に筋肉の面では目覚ましい発達をしております。
田原先生は研究を進めれば進めるほどこう思うそうです。

人間の体は本当によくできている!

と。何故我々はこのようにしなやかに動けるのか。まだまだ不明なことが多いようです。

〜ロボットについて語らう〜

第2部の座談会でも質問が活発に飛び交い、大変盛り上がりました。
「何故人型ロボットに人は惹かれるのか」
「なぜ一定の姿勢で動くのか」
などなど、今回も有意義な時間となっておりました!

〜次回のサイエンスカフェは?〜

第61回 サイエンスカフェは、

「日本酒の香りを科学する!〜ナノテクノロジーを使った香りの制御〜」

九州大学大学院理学研究院化学部門 村山 美乃 准教授を講師にお迎えして、 日本酒の中で起こっている香りのサイエンスについてお話していただきます!

2018年11月16日(金) 19:00〜21:00から
BIZCOLI 交流ラウンジにてお待ちしております!!

お申し込みはこちら

(牧瀬)

Page Top