九大の知と社会をつなぐー九州大学地域連携推進室

お知らせ・新着情報

第78回「万能薬にもなるメッセンジャーRNAの謎に迫る!!~コロナウイルスに対する救世主~ 」

万能薬にもなるメッセンジャーRNAの謎に迫る!!”
第78回サイエンスカフェ@ふくおかを開催いたしました。

サイエンスカフェ 第78回のテーマは…
万能薬にもなるメッセンジャーRNAの謎に迫る!!
コロナウイルスに対する救世主
昨今猛威を振るっているコロナウイルス
様々な変異種が発生する中で、効果的といわれている治療法であるワクチン
その中で、最も注目を浴びているメッセンジャーRNAワクチンとは?
その最先端の治療方法は本当に効果的なのかどうかなどについて詳しくお話をいただきました。

今回も新型コロナウイルス感染拡大のため、BIZCOLIさんのzoomを用いての開催となりました!

今回の講師は、
京都府立医科大学 大学院医学研究科 医系化学
内田 智士 准教授 です!!

京都府育ち。医学生だったときに、最先端の工学を薬の開発に応用する研究に魅了されました。2年間研修医を勤めたのち、基礎研究の道にシフト。10年ほど前からメッセンジャーRNAの医薬品としての応用を目指す研究を行っています。コロナウイルスワクチンの解説でテレビ出演多数。趣味はマラソン。最高記録は3時間24分。パンデミックが収束し、マラソン大会が再開されることを期待しながら、走り込みを続けています。

スタッフの方と参加者の皆様
画面左上が内田 智士 准教授

●ワクチンとは何だろう

まず、私たちが風邪をひいたり、インフルエンザに罹った際に細菌やウイルスなどが体の中に侵入します。私たちの体はその外敵を排除するような仕組みを持っています。それが免疫です。この免疫によって、私たちの体の中に入った大小の不純物は排除されます。しかし、コロナウイルスなどの強敵に関しては、長時間の戦いを強いられる上に、戦いによる余波で私たちの体も熱という形で消耗します。そこで、この強敵の倒し方や見分け方等をあらかじめ知っておくことで、この戦いを有利にそして短時間に終わらせることを考えました。これがワクチンのです。

●メッセンジャーRNAワクチンとはなんだろう

先ほどのワクチンの説明で、強敵の倒し方や見分け方等をあらかじめ知っておくという話をしましたが、このメッセンジャーRNAは他のワクチンとは異なり、倒し方や見分け方ではなく強敵の設計図にあたるメッセンジャーRNAを知らせることが特徴です。これにより、さらに根本的に強敵を倒すことが可能になります。

●メッセンジャーRNAワクチンの未来

これからのメッセンジャーRNAワクチンの未来について内田先生から話していただきました。現在、開発されているメッセンジャーRNAワクチンについては臨床試験が進んでおり、コロナウイルスに対する有効性についてもしっかりと確認が出来ています。また、変異株についての有効性も確認はできていますが、抗体の種類ごとに聞きにくいものも出てきている状態のようです。また、内田先生が積極的に研究されているものとして、メッセンジャーRNAをナノマシンに入れるという取り組みを行っています。これは、メッセンジャーRNAは体の中に入れるとすぐに分解されてしまうため、強敵と出会うこと自体が難しいものでした。そこで、メッセンジャーRNAをナノマシンに入れて防護することで、メッセンジャーRNAを強敵のいるところに無事に届けることが出来るようになります。

Page Top