九大の知と社会をつなぐー九州大学地域連携推進室

九大の科学コミュニケーション

Q-STRING
九州大学科学コミュニケーション推進グループ

 Q-STRING(Q-dai Science ccommunicaTion pRomotINg Group)は九州大学の科学コミュニケーションの活性化を目的に、2020年4月に設置されたグループです。

 現代において、我々研究者が創出する新たな知と技術は、社会に大きく影響を与えます。同様に、研究や我々自身も、社会の影響を大きく受けています。そのため、我々研究者には、社会や人々と信頼関係を構築し、相互理解をなすことが欠かせません。

必須となるマインド(心構え)が、科学コミュニケーション

 そこで必須となるマインド(心構え)が、科学コミュニケーションです。
科学コミュニケーションは、自然科学や人文・社会学など全ての学術領域に携わる研究者や専門家と、非研究者・非専門家との間でなされるべき、対等かつ双方向的なコミュニケーションのあり方です。日本では、1995年に科学技術基本法が施行され、それに基づき策定された科学技術基本計画により、これまで5期15ヵ年にわたり科学コミュニケーションの推進と定着が図られてきました。2021年からは多層的な科学コミュニケーションを推進する第6期が始まり、政府レベルでも科学コミュニケーションの振興が益々重要視されています。

科学コミュニケーションを通じて、社会に開かれた大学を実現

 本学では2008年度より「九州大学の教育研究における社会連携事業に関する基本方針」を掲げ、社会連携活動の取り組みを既に十年以 上に亘って展開してきました。昨今の社会情勢を鑑み、こうした取り組みの一層の充実のために、このたび社会連携推進室に「科学コミュニケーション推進グループ」を新設しました。本グループでは今後、教員の皆様の科学コミュニケーションに関する活動の支援を幅広く展開して参ります。 「社会貢献」は「研究」、「教育」と並ぶ大学の「第3の使命」です。九大構成員の皆様と科学コミュニケーションの意義と重要性を共有し、社会に開かれた大学を実現する一助となれば幸いです。

Page Top